オンライン診療

6月24日のメルマガで、規制推進改革会議の答申という形で、官邸はオンライン診療恒久化を
厚労省に命令する、ということを書きましたが、その通りとなりました。
とても分かりにくいですが、規制改革推進会議の答申はこうです。

「情報通信機器を用いたオンライン診療については、初診からの実施は原則、かかりつけ医による実施(かかりつけ医以外の医師が、あらかじめ診療録、診療情報提供書、地域医療ネットワーク、健康診断結果等の情報により患者の状態が把握できる場合を含む。)とする。健康な勤労世代等かかりつけ医がいない患者や、かかりつけ医がオンライン診療を行わない患者で上記の情報を有さない患者については、医師が、初回のオンライン診療に先立って、別に設定した患者本人とのオンラインでのやりとりの中でこれまでの患者の医療履歴や基礎疾患、現在 の状況等につき、適切な情報が把握でき、医師・患者双方がオンラインでの診療が可能であると判断し、相互に合意した場合にはオンライン診療を認める方向で一定の要件を含む具体案を検討する。その上で、対面診療との関係を考慮し、診療報酬上の取扱いも含めて実施に向けた取組を進める。」

分析すると-
「(1)初診オンラインは、原則、かかりつけ医
 (2)しかし、例外あり。
 1.健康診断の結果などにより患者の情報が把握できる場合
 2.医師・患者双方がオンライン診療が可能と判断し合意した場合」
大きな例外です。
なので、オンライン診療全面解禁は実際上恒久化された、と言えます。