オンライン診療恒久化ならフォロワービジネスを

今秋、オンライン診療の新ガイドラインが出ますが、
「その内容がオンライン診療恒久化となることで決まり」
となることは前回お伝えしたとおりです。

ならば、私はドクターの方々に「是非これをやるとよい」
とお伝えしたいビジネスがあります。それはフォロワービジネスです。

こういうことです。

——————————————————————————–

1.ドクターは医療行為ができるという特権を持っている。 

2.他方、整体師さん・エステティシャン・栄養士さん等コメディカルは
 医療行為が
できないので、どんなに分子栄養学などを学んでもそれを
 実践に活かすことができない。

3.しかし、オンライン診療がOKならば、コメディカルもドクターと
 オンラインで
つなげば、ドクターの監督下で実践が可能になる。 

なぜなら、オンライン診療はOKという規制下では、オンラインで
つながれた整体院で
行われていることはクリニックの一室で
行われていることと同等だから

(>>>https://www.yakujihou.com/merumaga/20210624-itora01.pdf)。

———————————————————————————

このフォロワービジネスをいち早く実践している例として、大阪のI医師の
例があります。

I医師は、まず、看護師を栄養コーチングのフォロワーとして育成します
(育成の収益あり)。
次に全国展開しているヨガスタジオと組みます。ヨガスタジオは、
「うちは単なるヨガスタジオではない。栄養コーチングも付いたヨガスタジオだ。」
と差別化して集客します。

栄養コーチング希望者が現れれば教育された看護師が栄養コーチングを実施します
(オンライン)。
疫病も出て来てディープな内容になったらI医師に回し、オンラインで相談を受けます。

通常の栄養コーチング価格は1万円。これをスタジオと折半し、半分の5,000円は、
3,000円看護師、2,000円I医師と分けます。

1日10人処理すると、I医師には1日20,000円、1ヶ月60万円がスリーピングマージン
として
手に入ります。集客を自分で行う必要は全くありません。

こうしたビジネスモデルはオンライン診療の規制が見えない状況ではアクセルを踏む
ことが
困難でしたが、今、アクセルを踏める状況が訪れています。
今がビジネスチャンスなのです。

フォロワービジネスを展開したい方は件名を「フォロワービジネス」として
info@yakujihou.com 濱野までお問い合わせ下さい。