オンライン診療は2次医療圏に限られるのか?

今日はQ&Aです。

Q.8月26日厚労省発事務連絡はこう述べています。
  (薬事法ルール集17-A13 >>>
    https://www.yakujihou.com/content/pdf/17-A13.pdf )。
  
「初診から電話や情報通信機器を用いた診療を実施する際の留意事項について
 医療機関の所在地から大きく離れた地域の患者に対して診療が行われた事例が
 見られたが、概ね医療機関と同一の2次医療圏内に生活・就労の拠点を有する
 患者を対象とすることが望ましいことから、初診から電話や情報通信機器を用いた
  診療を実施する医療機関は、その点を踏まえた上で実施するよう留意すること。」

オンライン診療は2次医療圏に限られるのですか?


A.1.そんなことはありません。
    文中に「望ましい」とありますように、これは厚労省の要望であり、
   拘束力のあるものではありません。

   よって、2次医療圏を超えてオンライン診療を行ったからと言って
   行政指導されるようなことはありません。


  2.但、こういう事務連絡を見ると、4月10日のオンライン診療全面解禁は
   厚労省としては「渋々」行ったことで、官邸の意向に押し切られたもの
   ということが見て取れます。


  3.現在、ポスト・コロナのルールとして、元々の平成30年3月30日のルールを
   どうするかが検討会にて検討されていますが、厚労省としては
   「初診原則対面」で極力行きたいものと思われます。

   官邸がそこをどうするかが注目されるところです。