オンライン診療の実践(6)

今日は、「オンライン診療の2つのモデル」について話します。


1.オンライン診療では、検査、施術がないので「高単価モデル」は成り立たず、
  「中単価モデル」か「低単価モデル」になります。


2.顧客が「薬剤だけくれればよい」と考えているケースなら、
  「低単価モデル」で数をこなすことになります。

  他方、顧客が「医師と色々話したい」と考えているケースだと
  「中単価モデル」になります。


3.「低単価モデル」はマーケティングオートメーションに
  近いモデルなのでドクターは楽ですが、WEBマーケティングスキルがあれば
  誰でも参入できるので、競合との争いに至ることは確実です。


4.オンラインビジネスに対して顧客は価格比較を徹底的に行って来ますが、
  ここで価格を下げて勝負しようとすると赤字転落のおそれがあります。


5.そこで考えられるのが、ドクター個人の信頼や親近感を増すことです。

  そのためにはドクター個人のフェィスブックやインスタグラムが重要になります。


それについてはまたお話ししましょう。