オンライン診療の実践(5)

今日は、オンライン診療の実践の5回目です。


今日は、私がコンサルしているメタボ系のオンライン診療についてお話ししましょう。


1.意外なことに参入が少ない。

  EDやAGAはオンライン診療でも激戦だが、メタボ系は強者がいないためか
  ほとんどオンラインへの参入がない。

  そのため、CPA=1顧客獲得単価は1万円を下回り9千円くらいで行ける。


2.病院に行くのをためらっていた人を拾える。

  つまり、まだ病院にも行かず薬剤も飲んでいない人が
  オンラインで気軽にやれるのならという感じで入って来る。

  これが6割位。

  もちろん、今までの他のクリニックで診てもらっていたが
  オンラインで診てくれるならという感じで入って来る人もいる。

  これが2割位。


3.保険診療なので、売上は次のようになる。

  <初診>
  (1)オンライン初診料 214点
  (2)薬剤情報提供料 10点
  (3)調剤料 11点
  (4)処方料 42点
  (5)オンライン医学管理料 147点
  ——————————
  合計 424点
  (※院内処方の場合、「処方箋料68点」の代わりに(2)~(4)が発生します。)


  <再診>
  (1)電話等再診料 73点
  (2)薬剤情報提供料 10点
  (3)調剤料 11点
  (4)処方料 42点
  (5)オンライン医学管理料 147点
  ——————————
  合計 283点


4.つまり、再診1回では7070円のLTVなので
  再診を如何に繰り返してもらうかがポイント。


5.なお、保険診療であっても予約費を取ることはできる
  (それでも混合診療にならない)ので、それで多少プラスにはなる。

 

いかがでしたか?

続きは次回に。