オンライン診療の実践(2)リスティングの KPI の指標

本日はオンライン診療の実践の2回目として、集客に用いるリスティング広告
(通称リスティング)におけるKPIの指標についてお話します。


次の数字は、メタボについてオンライン診療のリスティング広告(グーグル)を展開した
Aクリニックのものです。(2020年8月。実数を多少モディファイしています)。


■・・・・・・・・・・・・・・・・・・・■
(1)インプレッション数:14万回

(2)クリック数:7000

(3)CTR(クリック率):5%

(4)CPC(クリック単価):¥120

(5)コスト:¥840,000

(6)CV:90

(7)CVR:3%

(8)CPA:¥9333
■・・・・・・・・・・・・・・・・・・・■


このうち、インプレッション数は、設定したキーワード(たとえば、「メタボ対策」)が
検索で表示された回数です。


クリック数は、その検索画面で登場したAクリニックの広告がクリックされた数で、
CTRはそのクリック率、つまり(2)÷(1)です。


これが3~4%あれば広告は間違っていません。


Aクリニックのケースは5%ですから合格です。


CTRが1%とかだと、広告文の作り方を検討する必要があります。


CPCはクリック単価で、グーグルが決めるものです。


CPCはリスティング広告を使う人が増える一方なので高騰する一方です。


CPCを下げるためには指名ワード(クリニック名など)や複合ワードを
うまく使うしかありません。


100円~200円くらいが望ましく、500円を超えると最終的な利益を叩き出すのが
難しくなります。


(2)×(4)で広告費用=グーグルに払うべき費用が決まります。


Aクリニックの場合は84万円(8月、1ヶ月あたり)です。


CVはLPに誘導された顧客がコンバージョン、たとえば、診療申込を行った件数です。


Aクリニックの場合は8月に90件獲得しています。


CVRはLPに誘導された顧客がコンバージョンした割合です。


これはLPの訴求力を示します。


2~3%で合格です。


本件は3%なのでまずまずです。


CPAは「(5)÷(6)」。


1顧客を獲得するのに要したコストです。


この合格ラインはLTVとの関係で決まります。


LTVとは1顧客がもたらす売上のことですが、そこを厳密に算出するのは難しいので、
実際には、「1顧客が最初の1年間にもたらすおおよその売上」で考えます。


リスティング広告をやる人は増える一方でCPC(クリック単価)も高騰する一方です。


結果、CPAも高騰する一方です。


それでも利益を出すにはLTVを上げるしかありませんが、そのLTVとCPAの関係は、
オンライン診療の場合は「CPAがLTVの3~4割くらいなら合格」というところです。


続きは次回。