オンライン診療の実践(1)マーケティングの基礎

オンライン診療恒久化の方針を受けて
これからオンライン診療の実践に必要な知識と情報を
オンライン診療を実践している私の経験を元にレクチャーして行きたいと思います。


今日はマーケティングの基礎です。


従来型クリニックのマーケティングはエリアマーケティングですが
オンライン診療のマーケティングはネットマーケティングで、集客の仕方が全く違います。

これまでは駅に広告を出したり、電柱で行き先を示したりしていたのでしょうが、
オンライン診療のマーケティングではそういうことは不要です。

オンライン診療のマーケティングの中心はリスティング広告です。


ネットでの集客方法としては、他にも、フェイスブック、ツイッター、インスタ、LINE、
ユーチューブ、アフィリエイトがありますが、まずはリスティングを考えるべきです。


なぜなら、リスティング広告は、検索で探している人=顕在層を相手にするので
他の広告に比べGETしやすいからです。


ところで、ネットマーケティングの利点はすぐに修正できることです。


駅の広告を直そうと思ったら1ヶ月かかりますが、ネットマーケティングなら
1日でできます。


そのため、いわゆるPDCAを回すことがとても重要になります。


次回は、オンライン診療のリスティング広告における
PDCAの回し方について説明しましょう。