歯科衛生士のビタミンC点滴はOK?

今日はQ&Aです。

Q.歯科衛生士が歯科医師の監督の下にビタミンC点滴を行うのはOKでしょうか?

A.1.保助看法はこういう規定を置き【第37条】保健師、助産師、看護師又は
    准看護師は、主治の医師又は歯科医師の指示があつた場合を除くほか、
    診療機械を使用し、医薬品を授与し、医薬品について指示をしその他医師
    又は歯科医師が行うのでなければ衛生上危害を生ずるおそれのある行為を
    してはならない。

    歯科衛生士法もそれに倣って同じような規定を置いています。

    第十三条の二 歯科衛生士は、歯科診療の補助をなすに当つては、
    主治の歯科医師の指示があつた場合を除くほか、診療機械を使用し、
    医薬品を授与し、又は医薬品について指示をなし、
    その他歯科医師が行うのでなければ衛生上危害を生ずるおそれのある
    行為をしてはならない。


  2.これらの規定からすると、歯科衛生士、歯科医師の指示のもとであれば、
    補助的ではあるが、歯科医師の医療行為(歯科医師が行うのでなければ
    危険な行為)を行うことができると解釈できます


  3.そこで、問題なのが、そもそも歯科医師の医療行為の中に点滴行為が入るのか
    ということです。

    この点については、二つの類型において点滴行為が可能と考えられます。

    (1)インプラント手術の補助など本流的歯科治療の補助に用いる場合

    (2)体全体の健康に連なる口腔の健康のために用いる場合
      (栄養療法的な使い方をする場合)

    (1)はほぼ当然として、(2)はH24年制定の歯科口腔保健法から
    導くことができます。

    この法律は、歯科医師が口腔保健の維持に努めるべきことを定めたもので、
    歯の治療という枠から一歩踏み出したものです。


  4.以上からすると、(1)の類型だけでなく(2)の類型においても点滴行為を
    歯科医師が行うことは可能で、その歯科医師の監督の元であれば歯科衛生士が
    それを行うことも可能、と言えます。