バナー広告と限定解除

今日は、とてもわかりにくいバナー広告と限定解除について説明します。

1.まずガイドラインにはこう記述しています。

 「バナー広告・・・・・などは、(1)を満たさないもの」(P11)

 つまり、バナー広告は、限定解除の対象にならない。

 

2.また、ガイドラインQ&AのQ1-7の前段はこう規定しています。

 「バナー広告に医療機関の名称が記載されているなど特定性がある場合は、広告に
  該当するため、医療法及び医療広告ガイドラインで認められた広告可能事項に限って、
  広告可能です。」

 

3.結局、こういうことです。

 バナーA:「医療痩身、脂肪冷却法なら新宿クリニックへ(0120-××××××)」

 バナーB:「医療痩身、脂肪冷却法ならこのクリニック。コチラ>」

 バナーBはクリニック名の記載がないので特定性がなくそもそもこれ自体広告ではなく
 広告規制の対象外。

 対し、バナーAはこれ自体広告。

 そして、ガイドラインにより、これは限定解除の対象にならない。

 そうすると、「脂肪冷却法」は未承認医療機器を用いた施術で、限定解除されない限り
 広告できないが、バナー広告は限定解除の対象外なので、これはNG。

 

4.ところで、Q1-7は続けてこう書いています。

 「なお、従前はバナー広告にリンクした医療機関のウェブサイトはバナー広告と一体的に
  取り扱うこととされていましたが、改正医療法施行後はバナー広告にリンクした
  医療機関のウェブサイトであっても、リンク先の医療機関のウェブサイトは患者
  等が自ら求めて入手する情報を表示するウェブサイトになりますので、広告可能
  事項の限定解除要件を満たした場合には、広告可能事項の限定を解除可能です。」

 これはこういうことです。

 バナーBにリンクされたLPは限定解除可能なので、そのLPが限定解除の要件を
 みたしていれば、そのLPで脂肪冷却法を紹介することは可能。